<後編>判断基準はコレ!オフサイドを見極める3つのポイント【サッカーのルール】

Image Offside

みなさんは、オフサイドをどこまで細かく見極められていますか?

前編では、味方からのボールを触ってオフサイドになる条件を説明しました。後編は、もう1つの条件「相手を妨害する」について説明していきます。前編をまだ読んでないない方は、先に前編を読んでくださいね。


ポイント③:相手を妨害するとオフサイド

前編でも説明したとおり、オフポジ(オフサイドポジション)にいるだけでは反則になりません。

オフポジにいる選手が、味方からのボールを触るか、相手を妨害してはじめてオフサイドが成立します。

では、何をしたら「妨害」になるのでしょうか。

この記事では、試合で見かける3つの例について解説します。

例1. 相手の視線を遮る

まず、1つ目が「相手の視線を遮る」です。視線を遮ることで相手の邪魔をするとオフサイドとなります。

言葉だけだと分かりづらいですので、実際の試合の映像を使ってみていきましょう。タップすると、動画が再生します。分かりやすい解説付きですので、説明をしっかり読んでみてくださいね。

Image Offside
#1 引用元資料を改変

動画にあるとおり、ボールに触れなくても、視線を遮ることで相手の邪魔をするとオフサイドになります。

ポイントは、ボールを蹴った瞬間に視線を遮っているかどうかです。

例2. 相手の動作に影響を与える

2つ目が「相手の動作に影響を与える」です。

これも言葉だけだと分かりづらいですので、動画を見てみましょう。解説もしっかり読んでくださいね。

Image Offside
#2 引用元資料を改変

オフポジの選手は、ボールを避けようとして足をあげた可能性はありますが、足をあげる行為がゴールキーパーの動作に影響を与えたのでオフサイドとなりました。

例3. 相手の動作を妨げる

3つ目が「相手の動作を妨げる」です。

早速、動画で確認していきます。判定はオフサイドとなりますが、なぜオフサイドが成立したかを考えながら見てみましょう。

Image Offside
#3 引用元資料を改変

なぜ、オフサイドと判定されたのでしょうか。オフポジの選手もボールに向かって動いていますが、最終的にボールに触れたのはオンサイドの選手でした。

このように、「相手の動作を妨げる」は、一見するとオフサイドになった理由がよく分からないことがあります。なぜなら、反則がボールの近くで起きているとは限らないからです。

それでは、次の動画で、オフポジの選手の動作を拡大して見てみましょう。

Image Offside
#3 引用元資料を改変

拡大すると良く分かりますね。このように、相手の動作を妨げるとオフサイドになります。

ボールに触れず、妨害もしなければオフサイドにならない

繰り返しになりますが、オフポジにいるだけでは反則とはなりません。

そして、ボールや相手の近くにいたとしても、ボールを触ったり相手を妨害しなければオフサイドになりません。

こちらも、動画を見て確認してみましょう。解説も確認してくださいね。

Image Offside
#1 引用元資料を改変

Image Offside
#2 引用元資料を改変

2つ目の動画は、選手が入れ替わっているので少し分かりづらいですが、よくよく見てみると、オフポジの選手は何もしていないことが分かると思います。

まとめ

前編と後編の2回に分けて、オフサイドを見極める3つのポイントを説明してきました。

最後に、もう一度確認しましょう。

  1. オフポジにいるだけでは反則にならない
  2. 味方からのボールを触るとオフサイド
    ただし、相手が意図的なプレーで触れたボールを触った場合はオフサイドにならない
  3. 相手を妨害するとオフサイド
    ①視線を遮る ②相手に影響を与える ③相手を妨げる

ここまで読んでいただければ、オフサイドが成立する判断基準の見極めは完璧です!

試合で見ていると一瞬の出来事なので見分けるのが難しいですが、オフポジの選手の動作を中心に「ボールに触ったか」「相手を妨害したか」という視点で見ると、オフサイドかどうかを見極められるようになりますよ!


[引用資料]

#1 2018シーズン 競技規則スタンダード(YouTube)

#2 2019シーズン 競技規則スタンダード(YouTube)

#3 DAZN 2019明治安田生命J2リーグ 第5節 横浜FCvs岐阜

競技規則
  • 第11条 オフサイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です