<前編>判断基準はコレ!オフサイドを見極める3つのポイント【サッカーのルール】

Image Offside

みなさんは、オフサイドをどこまで細かく見極められていますか?

オフポジ(オフサイドポジション)にいる選手が、味方からパスを受けたらオフサイドになることは十分に理解していると思います。

ですが、味方からパスを受けてもオフサイドにならない場合や、パスを受けなくてもオフサイドになる場合があります。

オフサイドの細かい部分は、多くの人が曖昧にしか理解していません。それは、よく使われている2つの言葉・・・「関与」と「干渉」から、反則となる具体的なプレーをイメージするのが難しかったからです。

今日で、この言葉は忘れてください。「関与」と「干渉」という表現は、過去の競技規則で使われていたこともあるのですが、抽象的で分かりづらいんです。

関与や干渉ではなく、前編と後編で解説する3つのキーワードで記憶を上書きしましょう。

この記事では、オフサイドと判定される基準について、前編と後編の2回に分けて詳しく解説していきます。

この記事を読んで、オフサイドを見極める3つのポイントをしっかり理解すれば、

  • 「ボールに触れてないけど、相手を妨害したからオフサイド!」
  • 「ボールの近くにいたけど、何もしてないからオフサイドじゃない!」

と、審判のジャッジが分かるようになって今まで感じていたストレスを減らすことができますよ!


既に、前編を読んだという方は、後編をご覧ください。

Image Offside<後編>判断基準はコレ!オフサイドを見極める3つのポイント【サッカーのルール】

ポイント①:オフポジにいるだけでは反則にならない

オフサイドが成立する大前提として、攻撃側の選手がオフポジにいる必要があります。

ですが、オフポジにいる = オフサイドが成立する、ではありません。

オフポジにいる選手が、ポイント②か③のプレーを行ってはじめて、オフサイドが成立します。

そのため、例えオフポジに攻撃側の選手がいたとしても、成立する前にオフポジにいなかった別の選手がゴールしたら、そのゴールは認められます。

まず、このポイントを理解しましょう。

ポイント②:ボールに触れるとオフサイド

オフポジにいる選手が、味方からのボールに触れたらオフサイドが成立します。

ですが、「ボールに触れる」といっても、味方からのパスに直接触れる場合や、相手選手が触ったボールを触れるなどのいろんなパターンがあって、少し分かりづらいかもしれません。

そこで、全てのパターンを表にまとめました。ここからは表を使って説明していきたいと思います。字が小さい場合は、タップすると拡大できるようになりますよ。

Image Offsidetable

表を見るポイントは、次のとおりです。

  • ボールの出どころ
    ⇒味方か相手か。
  • 途中のプレー
    ⇒オフポジにいる選手が触る直前に、他の選手が触ったかどうか。触ったなら、どういうプレーだったか。
  • 判定
    ⇒オフポジにいる選手がボールに触れた時に、オフサイドになるかどうか。

No.1 直接触る

味方からのボールを、他の選手が触ることなく、オフポジにいた選手が直接触った場合はオフサイドです。

詳しい説明は不要ですね。

No.2 ゴールポストなどの跳ね返りを触る

味方からのボールがゴールポストやクロスバーに当たって、その跳ね返りをオフポジにいた選手が直接触った場合はオフサイドです。

これも分かりやすいですね。

No.3 相手がセーブしたボールを触る

味方からのボールが相手のセーブによって防がれて、こぼれたボールをオフポジにいた選手が触った場合はオフサイドです。

これも理解できますよね?

No.4 相手が意図的にプレーしたボールを触る

味方からのボールに対して、相手が意図的にプレーしたのちにオフポジにいた選手が触った場合はオフサイド・・・ではありません。

相手が意図的なプレーでボールに触れたあと、オフポジの選手がボールに触ったとしてもオフサイドにはならないんです。

言葉だけだと分かりづらいですので、実際の試合の映像を使ってみていきましょう。タップすると、動画が再生します。分かりやすい解説付きですので、説明をしっかり読んでみてくださいね。

Image Offside
#1 引用元資料を改変

Image Offside
#1 引用元資料を改変

「セーブ」と「意図的なプレー」の違い

意図的なプレーの動画を見て、こう思わなかったでしょうか。

『セーブと意図的なプレーの違いって何?』

守備側のプレーがセーブなのか意図的なプレーなのかによって、オフサイドかどうかが決まりますので、2つの違いをしっかり理解することが大切です。

まず、よくある勘違いがこれです。

  • キーパーが防いだらセーブ
  • キーパー以外の選手が防いだら意図的なプレー

違います。ポジションは関係ありません。キーパー以外の選手が「セーブ」することもありますし、キーパーが「意図的なプレー」をすることもあります。

2つの違いは、ポジションではなくボールです。

ゴールマウスに向かっていて、ゴールに入りそうなボールを防ぐのが「セーブ」。そうでない場合は「意図的なプレー」となります。

つまり、No4の2つ目の動画は、ボールがゴールマウスから明らかに外れていったので、意図的なプレーとしてオフサイドではないという判定でした。

もし、ボールがゴールマウス方向に飛んでいくボールだったら、意図的なプレーではなくセーブとなるので、オフサイドが成立することになります。

意図的なプレーとセーブの見分け方をまとめると、こうなります。字が小さい場合は、タップして拡大してくださいね。

Image SaveorDeliberatelyplay
#1 引用元資料を改変

No.5 相手が意図的ではなくプレーしたボールを触る

相手が意図的ではないプレーで接触したボールを、オフポジにいる選手が触ったらオフサイドです。

「意図的ではないプレー」とは、見えないところから来たボールに当たったとか、早いボールを避けようとして当たったという様な、ボールにチャレンジしなかったけど結果的にボールに触れたプレーのことを言います。

No.6 味方に当たったボールを触る

もう1つ、オフサイドで勘違いしやすいのが「味方に当たったボールを触る」です。

ボールの出どころが相手選手のパスやクリアであっても、味方に当たってこぼれたボールを、オフポジにいる選手が触ったらオフサイドです。

味方からのパスやシュートといった意図があるプレーだけでなく、意図せず触った場合でもオフサイドになります。

解説付きの動画を見て確認してみましょう。画像をタップすると、動画が再生します。

Image Offside
#2 引用元資料を改変

動画にあるように、パスやシュートだけでなく、単純に当たっただけのボールでもオフサイドになります。

まとめ

オフサイドを見極めるポイント2つを、理解できましたでしょうか。

後編にいく前に、もう一度、確認しましょう。

  1. オフポジにいるだけでは反則にならない
  2. 味方からのボールを触ったらオフサイド
    ただし、相手が意図的なプレーで触れたボールを触った場合はオフサイドにならない

オフポジにいる選手がボールを触る直前に相手が触れていた場合、相手のプレーの内容によって、オフサイドかどうかが決まります。

試合で見ていると一瞬の出来事で見分けるのが難しいかもしれませんが、注意深く見てどっちなのかを考えてみてくださいね。

後編は、オフサイドになるもう1つの基準「相手を妨害する」について解説します。

後編も読んで、オフサイドの判断基準を完璧に理解しましょう!


後編は、こちらをご覧ください。

Image Offside<後編>判断基準はコレ!オフサイドを見極める3つのポイント【サッカーのルール】

[引用資料]

#1 2019シーズン 競技規則スタンダード(YouTube)

#2 今年もやります! 原博実&上川徹がJリーグの気になるジャッジを徹底解説!【Jリーグジャッジリプレイ2019 #1-1】(YouTube)

競技規則
  • 第11条 オフサイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です