<後編>すぐに分かる!ファウルでイエローカードが出る3つの基準【サッカーのルール】

Image CautionWithFaul

荒いプレーの時にイエローカードが出るのは分かるけど、たいして荒くないプレーにもイエローカードが出たりして、「判定の基準がよく分からない」とストレスを感じる方は多いのではないでしょうか。

前編では、1つ目の基準である無謀なプレーについて説明しました。後編は、残り2つの基準を説明していきます。

2つ目の基準は、身体の接触が伴うファウルで出されるイエローカードの基準を理解するうえで、最も大切なポイントになります。

最後まで読んで、しっかり理解しましょう。

前編をまだ読んでいない方は、先に前編を読んでくださいね。

Image CautionWithFaul<前編>すぐに分かる!ファウルでイエローカードが出る3つの基準【サッカーのルール】
補足
この記事では、「守備側選手による自陣ペナルティーエリア内のファウル」以外について解説しています。守備側のペナルティーエリア内のファウルについては、改めて別の記事にまとめて説明します。

基準2:相手の大きなチャンスを潰すプレー

2つ目の基準が、相手の大きなチャンスを潰すプレーです。身体の接触を伴うファウルで、相手の大きなチャンスを阻止するとイエローカードが出ます。

大切なのは、ファウルの程度(荒さ)は関係ない、ということです。例え、不用意なプレーだったとしても、相手の大きなチャンスを潰した状況であったなら、イエローカードの対象となります

守備側のゴールに近い場所でのファウル

それでは、実際のJリーグの映像で確認していきましょう。守備側のゴールに近い場所でファウルしたケースです。画像をタップすると、動画が再生します。

Image Promissing
#1

自陣でボールを奪われた黒の選手が、相手を後ろから倒します。

ファウルがなければ、黄色のチームはペナルティーエリア付近まで行けたと思いますよね。

典型的な「相手の大きなチャンスを潰すプレー」といえます。

守備側のゴールから遠い場所でのファウル

では、次はどうでしょうか。

実は、次がこの記事のなかで最も重要な部分になります。

ストレスを減らせるかどうかは、ここを理解できるかにかかっていますよ!

まずは、先に映像を見ていきましょう。ファウルされる黄色チームの「大きなチャンス」といえる状況かどうかを考えてみてください。

Image Promissing
#1

判定は、「大きなチャンスを潰した」という理由で、イエローカードが出ました。

黒色の選手が黄色チームの陣内でボールを奪われ、戻りながら黄色の選手を後ろから倒します。

ファウルがあった瞬間、黄色チームはまだ自陣にボールがありますし、すぐに得点を予感させるような大きなチャンスとはなっていません。ですが、ファウルがなければ、黄色のチームは確実に大きく攻め込んで大きなチャンスになっていたのでは?と思わせる状況です。

これは、大きなチャンスの“芽”をつぶした、としてイエローカードの対象となります。

実は、競技規則には「相手の大きなチャンスを潰したらイエローカード」とは明記されていますが、「相手の大きなチャンスの”芽”を潰したらイエローカード」とは書かれていません。ですが、「大きなチャンスの”芽”を潰す」は、「大きなチャンスを潰す」に含まれると解釈されているため、イエローカードの対象となります。

つまり、反則した場所に関わらず、例え自分のゴールから遠い場所のファウルだったとしても、相手の大きなチャンスの”芽”を潰した場合はイエローカードになるんです。

サッカーの最大の喜びであるゴール。大きなチャンスの芽を潰すことは、ゴールに近づく大きなチャンスを阻止する行為です。そのため、「大きなチャンスの”芽”を潰す」は、「大きなチャンスを潰す」に含まれると解釈されています。


反則があった場所に関わらず、大きなチャンスの”芽”を潰したらイエローカードとなるこのルール。Jリーグでプレーするプロの選手や監督・コーチですら正しく理解できていない人が多いように思います。「何でだよ!」と審判に抗議する選手やスタッフを度々見かけます。

ゴールから遠い場所で、無謀なプレーでもないのにイエローカードが出た場合は、大きなチャンスの”芽”だったかどうかを考えてみましょう。

基準3:反則を繰り返すプレー

3つ目の基準が、反則を繰り返すプレー

試合で見かける回数は、基準1の無謀なプレーや基準2の大きなチャンスを潰すプレーほど多くありません。

“繰り返し”の基準

反則を繰り返すプレーは、その名のとおり、反則を繰り返すとイエローカードの対象となります。

無謀なプレーでもないし、相手の大きなチャンスを潰すプレーでもないけど、不用意なプレーを繰り返すことでイエローカードが出る、というものです。

映像を使って、確認してみましょう。

Image Persistent
#2

前編で紹介した無謀なプレーの映像ほどスピードは出ていません。それから、ファウルした場所が、黄色チームのペナルティーエリア付近ではありますが、ディフェンスの枚数が揃っている状態ということもあって、大きなチャンスという感じもしませんよね。

一瞬、「何でイエローカード?」と思ってしまいます。このように、他の2つの基準に比べて、少し分かりづらいのが「繰り返し」です。

“繰り返し”を見分けるポイント

分かりづらいと感じた方は、審判の左手に注目して見てみましょう。

カードを出す直前に、審判が「あっちとこっちで繰り返したね」とジェスチャーしています。

このように、繰り返しのイエローカードの場合は、ファウルがあった場所を審判が指で示すことがあります(示さないこともあります)。

“繰り返し”の定義

なお、「繰り返し」の定義について、ファウルの回数や種類に関する明確な決まりはありません。

その判断は、審判に委ねることになります。ただし、審判は、何でもかんでも「繰り返し」でイエローを出すわけではありません。

ありがちな例としては、審判が口頭で注意したプレーを、同じ選手が短い時間のなかで繰り返し行ってイエローカードをもらう、というケースがあります。

Q&A

相手の大きなチャンスを潰したらイエローカードっていってるけど、「大きなチャンス」の定義は何?

ルールに細かい規定はありませんので、主審の判断で決まります。一言でいうと、試合を見ている時に「おっ、得点のチャンス!」・・・と感じるような状況ですね。

ハンドは「身体の接触が伴うファウル」ではないけど、カードの基準は変わるの?

変わりません。
ハンドも、この記事で説明した内容と同じく、相手の大きなチャンスを潰した場合にイエローカードが出ます。

サッカーのルールにおいてイエローカードが出るケースは他にもたくさんあって少しややこしいので、この記事では分かりやすく伝えるために、ハンドも含めて「身体の接触が伴うファウル」という表現で説明しています。

まとめ

ファウルでイエローカードが出る3つの基準を理解いただけましたでしょうか。

最後に、もう一度確認しましょう。

  1. 無謀なプレー
  2. 相手の大きなチャンスを潰すプレー(大きなチャンスの”芽”も含む)
  3. 反則を繰り返すプレー

試合中でよく見られるのは「無謀なプレー」と「相手の大きなチャンスを潰すプレー」の2つです。まずは、この2つをしっかり理解しましょう。

特に、大きなチャンスの”芽”を潰すプレーも、イエローカードの対象ということを忘れないようにしましょう。

「無謀なプレー」と「相手の大きなチャンスを潰すプレー」のどちらでもない場合は、審判のジェスチャーを見ていると「繰り返し」と分かることがあります。

ファウルにおけるイエローカードは、基準が分かりづらいと思われがちですが、一つひとつ紐解いていくと、さほど難しいものではありません。

ルールに対する理解を深めて、判定に対するストレスを出来るだけ減らしましょう。そして、今まで以上にサッカーの試合を楽しみましょう!


[引用資料]

#1 DAZN 2019明治安田生命J1リーグ 第3節 仙台vs神戸

#2 DAZN 2019明治安田生命J2リーグ  第2節 柏vs町田

競技規則
  • 第12条 1.直接フリーキック
  • 第12条 3.懲戒処置 警告となる反則
  • 第12条 3.懲戒処置 反スポーツ的行為に対する警告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です