<前編>すぐに分かる!ファウルでイエローカードが出る3つの基準【サッカーのルール】

Image CautionWithFaul

荒いプレーの時にイエローカードが出るのは分かるけど、たいして荒くないプレーにもイエローカードが出たりして、「判定の基準がよく分からない」とストレスを感じる方は多いのではないでしょうか。

ファウルがあった時、どういう基準でイエローカードが出るか。

みなさんは、ファウルでイエローカードが出るのは荒いプレーの時だけ、と理解していませんか?

実は違うんです。荒いプレーでなくてもイエローカードが出ることがあります。身体の接触を伴うファウルで、イエローカードが出る基準は3種類

この3つの基準が分かっていないと、「ちょとしたファウルなのに、何で今のがイエローなんだよ!」とイライラしてしまいます。

そこで、身体の接触を伴うファウルで出されるイエローカードの基準について、前編と後編の2回に分けて説明していきます。2つの記事を読んでいただければ、身体の接触を伴うファウルで出されるイエローカードの理由が分かります。

好きなサッカーの試合を楽しく見るためにも、この記事の内容を読んで3つの基準を理解しましょう。

補足
この記事では、「守備側選手による自陣ペナルティーエリア内のファウル」以外について解説しています。守備側のペナルティーエリア内のファウルについては、改めて別の記事にまとめて説明します。

既に、前編を読んだという方は、後編をご覧ください。

Image CautionWithFaul<後編>すぐに分かる!ファウルでイエローカードが出る3つの基準【サッカーのルール】

基準1:無謀なプレー

1つ目の基準が、無謀なプレーです。ラフプレーという表現の方が、イメージしやすいかもしれませんね。

<後編>判定にイライラしなくなるファウルの見分け方「7+3の法則」【サッカーのルール】で説明している無謀なプレーを行うと、イエローカードが出ます。

言葉にすると、「過剰な力というほどではないけど、ある程度のスピードとパワーを用いた、相手の危険をかえりみない無謀なチャレンジ」となります。

どれくらい荒い時に無謀なプレーと判断されるのか。実際のJリーグの映像で確認していきましょう。画像をタップすると、動画が再生します。

Image Reckless
#1

Image Reckless
#2

無謀なプレーがどれくらいの荒さか、何となく分かりましたか?

「不注意で相手を蹴ってしまった」というレベルではないですよね。
見ていて思わず「危ない!」と言ってしまいそうになります。

MEMO
「イエローじゃなくて、レッドが妥当なんじゃないの?」と思った方がいるかもしれません。無謀なプレー(警告)と過剰な力によるプレー(退場)の違いは、改めて別の記事にまとめて説明します。

まとめ

前編はここまでです。無謀なプレーの内容について、理解できましたでしょうか。

後編では、残り2つの基準について説明します。
2つ目の基準は、身体の接触が伴うファウルで出されるイエローカードの基準を理解するうえで、最も大切なポイントになります。

サッカー観戦をより楽しくするためにも、後編の内容も理解して、ルールを深く知ってくださいね。


後編は、こちらをご覧ください。

Image CautionWithFaul<後編>すぐに分かる!ファウルでイエローカードが出る3つの基準【サッカーのルール】

[引用資料] 出典:

#1 DAZN 2019明治安田生命J1リーグ 第1節 広島vs清水

#2 DAZN 2019明治安田生命J1リーグ 第1節 仙台vs浦和

競技規則
  • 第12条 1.直接フリーキック
  • 第12条 3.懲戒処置 反スポーツ的行為に対する警告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です