【合格点は1か3か】J2 第19節 V・ファーレン長崎×ジュビロ磐田 マッチレビュー

1.システム及びメンバー構成

【V・ファーレン長崎】
 ホームの長崎はいつもどおりの4-4-2。ボランチには秋野が3試合ぶりに復帰。センターバックは鉄板の二見と角田。プロ入り後にディフェンスに転向した毎熊を右サイドバックで起用。イバルボがベンチスタートとなったFWは玉田と畑という組合せとなった。監督は、2年目で充実の時を迎える手倉森 誠。

ジュビロ磐田
 新潟戦・水戸戦を4-4-2で戦ったアウェイの磐田は3-4-3を採用。3試合ぶりに3バックに戻して来た。バックラインは山本ノリ・大井・藤田の3枚。ボランチは上原とムサエフのコンビで、山田 大記はシャドーポジション。伊藤は左WBでの起用となった。

それでは、試合を振り返っていこう。いざいざ!

2.前半のポイント

長崎の狙い

 まずは、長崎の狙いから述べていく。普段から長崎の試合を見てる訳ではないのであくまでこの試合に限っての印象であるが、最も重要視したのはセットオフェンスという印象を受けた。自分たちがボールを握る時間を増やし、ビルドアップで丁寧にボールを進めて相手ブロックを崩していく狙い。恐らく、普段からこの様なサッカーをしているのではないだろうか。

 相手に握らせたくないので、非保持では前プレをかけるのが基本路線。相手ボックス付近で奪えればショートカウンターを狙うが、奪った位置が低い場合にはロングカウンターは狙わない。あくまでポゼッションからの崩しを志向する。磐田戦も基本的に同じプランで臨んだと思われる。つい最近まで首位を走っていたので当然と言えば当然だが、自分たちのサッカーに相当な自信を持っているはず。

 長崎はボール保持時にシステムを変化させる。仕組みはこうだ。ボランチの秋野がDFラインに落ちて3バックを形成。場合によってはHV(左右のCB)の位置に落ちる事もあるが、基本的には中央。SBがWB化して高い位置を取り、SHがやや中央に絞る。まさしく、磐田が4-4-2から3-1-4-2に変化するのと全く同じ配置。狙いはサイドからの前進&ズレを起こす事。(下図参照)

はまらない前プレス

 そんな長崎の狙いに対し、磐田はどう対応したか。磐田は前半頭から前プレスを行わずに慎重に時間を進めた・・・とリアタイの際に感じたが、試合を見直してその印象は変わった。磐田は前半頭から前プレをかけたのである。これまでの試合と同様、前プレによって相手のボールを取り上げる狙い。もしくは、ミスを誘って高い位置からショートカウンターを仕掛ける。

 ところが、その狙いがはまらない。前プレを剥がされては前進を許す展開が続く。当たり前の話だが、プレスをかける事によって元々居た位置にスペースが出来る。長崎は3-1-4-2で予めズレを起こしてから、磐田のプレスを逆手に取って前進した。特に狙われたのが磐田のシャドー(ルキアンと山田)の背中。磐田のシャドーが相手HVにアタックするため、その背後で起点を作られる場面が多く見られた。

 また、長崎は単にシャドーの背後をSHが狙うだけでなく、このエリアを攻略しやすくする仕組みを用意していた。DFラインの操作を組み込んだライン間受けである。23:20~の場面、左HVとなった秋野がルキアンを引き付けてから中央にボールを戻す。アンカーがルックアップした瞬間にFWの玉田とSHの澤田が裏抜けのアクション。(下図参照)

 裏を取られたくない磐田DF陣はラインを深めて対応。この動きによってMF-DF間が広がり、ルキアンの背中のスペースでFWの畑が受けて起点を作られた。MF-DFラインが狭ければHVやWBが前に出て潰す事も可能なエリアだが、DFラインを長崎に操作されてしまったためヘルプに行けず。この起点からサイドに展開されてクロスを入れられる、という一連の流れであった。

 他にも前プレがはまらず前進を許す場面が複数回あり、飲水タイムを挟んで磐田は前プレを止めた。ただし、前プレを止めた磐田が前進を許さなくなったか言うとそうでも無かったのが正直なところ。恐らく長崎は、相手が前プレかける場合とブロック組む場合のそれぞれ対策がしっかり整理されているのだと思う。

 ブロックを意識し出した磐田に対し、長崎はHVのドライブで揺さぶりをかける。ファーストプレッシャーライン(中野 誠也)を越えてHVがドリブルして来たため、戸惑いを見せる磐田のSH。前プレを止めた磐田のSHは長崎のSBを見る役割を担っていたが、正面からHVがドリブルしてくるため「SBとHVどっち対応すれば良い?」状態となり、守備の基準が乱れる。といった形で、飲水後も長崎のビルドアップを許してしまった。

シーズン後半への布石?

 この試合の前半、磐田は3-4-3(5-4-1)とは異なる配置を見せた。ボール保持時に一時的に4バックになる変化である。14:20~の場面、右HVの藤田が幅を取ってDFラインには伊藤・ノリ・大井・藤田の4人。2ボランチは上原とムサエフで変わらず。その前方に、ルキアンと小川大貴がウィングポジションで中央に山田と中野。4-2-4(≒4-4-2)をイメージさせる位置取りであった。

 更にその1分後には、別の形で4バックを形成。上原がDFラインに落ちて、上原と大井が2CBで、ノリと藤田がSBの位置に移動。ムサエフがアンカーとなって、前方には5枚。両ワイドに伊藤と小川大貴、中央にルキアン・山田・中野の3人。まるでミシャ式の3-4-3⇔4-1-5の可変システム。4バックを作った両方の場面においてウィング化した小川大貴を使って起点を作る狙いが見られた。(下図参照)

 その後、可変システムによるデメリットが表面化した訳ではなかったが、飲水を挟んで4バックは見られなくなった。ひょっとしたらシーズン後半に向けたテストだったのかもしれない。今季は過密日程によってコンディション調整に時間を割く関係で、戦術面のアップデートが難しい。ましてやトレーニングマッチを組む時間も無い。そんな状況なので、時間限定という形で試合中に試したのではないだろうか。

 4-2-4や4-1-5は、小川大貴をウィング位置に押し上げる事で幅を使った攻撃が可能となる。3-4-3はCBを3人置く事で守備力が安定する一方、5バック化しやすい傾向があり、前方の人数が少なくなってしまう。3バックの安定性を保ったまま、攻撃にも人数を割く4-1-5の導入を考えているのかもしれないと感じた。今後も注目していきたいところ。

3.後半のポイント

前への意識を強めて流れを呼び込む磐田

 ハーフタイムを挟んだ後半。0-0では満足できない磐田が試合を動かす。再び前プレを開始して、長崎からボールを取り上げる狙いを見せた。シャドーがHVにプレスをかけて長崎のSBやCH周辺エリアを狩場とした。これによって長崎のビルドアップを阻止する事に成功。(下図参照)

 前への意識を強めて、試合のリズムを磐田ペースに引き込む。正直なところ、前半に上手くいかなかった前プレが何故後半上手くいったかは分からなかった。プレスの強度を強めたからだとは思うのだが、何か気付いた人がいたら教えていただければと思う。

 中盤でボールを狩れるようになった磐田は押し込む展開が増加。簡単にゴールを割らせてくれない長崎だが、ボールロストした後にはカウンタープレスをかけて即時奪回を行う。これによって2次攻撃を試みるという好循環を作っていく。主な狙いはクロス爆撃で、59分のチャンスではボックス内で競り合うのが中野だけであったが、70分にはボックス内に3人送り込む形を作った。

 時間は前後するが、個人的にこの試合で一番良い崩しと感じたのが62:50~の場面。作図が難しいシーンのため図は割愛するが、とても良い崩しなのでぜひDAZNで見ていただきたい。磐田はその前の時間からボールを握っており2次攻撃・3次攻撃を見せている状況。

 ノリがSHを喰いつかせてからハーフスペースルートの縦パスをルキアンに刺す。ポストプレーでCBを手前に引っ張り出すルキアン。ルキアン→伊藤とボールを動かす間に中野が顔を出してパスルートを作る。長崎のボランチは視線を中野に向けたため、磐田ゴール方向に背中を向ける。死角となった背中側からムサエフがCH間に飛び込もうとする狙い。この時点で相手の守備ブロックは完全にバランスを崩しており、得点のニオイがする形だったと言って良いだろう。

肉を切らせて骨を断つ交代策

 この試合、先に動いたのは長崎だった。57分、玉田に代えてイバルボを投入。この交代は、長崎にとってなかなかの賭けだったと思う。と言うのも、冒頭で述べたとおり長崎は基本的に自分たちが保持したいので、前プレによって磐田の前進を阻止していた。ところが、イバルボ投入によってFWの前プレの精度が大きく落ちたのである。

 もちろん、手倉森監督としては百も承知だろう。つまり、前プレの精度が落ちて磐田の前進を許す(肉を切らせる)のと引き換えに、磐田ゴール前にイバルボを置いて個の力でネットを揺らす(骨を断つ)計算だったのではないだろうか。交代直後、肉を切らせる部分が手倉森監督の想定どおりとなる。イバルボは全く守備をしないため、磐田はノリがいる左サイドから前進する場面が増加。

 前プレの精度が落ちたところで、磐田が攻勢に出る。64分に大森を投入。長崎の前プレが手薄な左サイドを攻略する狙い。たまらず手倉森監督も動き、右ボランチ(磐田にとっての左側)にカイオを投入。運動量の多い澤田を右SHに移動させてノリ・伊藤・大森への圧を強化。

 飲水を挟んで、多少守備をするようになったイバルボ。が、彼の中の「守備をする」はスプリントではなくジョグなのかもしれない。一応守備してますよーという雰囲気を出しながらプレスをかけるイバルボ。代わりに頑張っていたのが右SHに移ってきた澤田だった。澤田の活発な運動量でイバルボのマイナスを補填する計算だったと思われる。(下図参照)

拳で殴り合う両者

 イバルボの強さを活かしたい長崎。大森を中心に左サイドから攻略したい磐田。飲水を挟んで、殴り合いを開始する両チーム。長崎のビルドアップは引き続き前プレで前進を阻止するも、長崎のしつこいディフェンスによってこの日のルキアンは単独突破を尽く阻まれていた。

 72分にはネガトラからディフェンシブサードに進入されそうになったところで、小川大貴の鬼プレスバックでボールを奪回。その直後、大森が相手ペナルティーエリア付近で倒れるも主審はノーの判定。この試合の佐藤主審なら・・・と言うか、今季の基準なら確実にノーというコンタクトなのだが、不満を見せて座り込んだままの大森。長崎はゴールキックをクイックリスタート。磐田陣内に雪崩れ込む長崎の選手。ペナルティーエリアで右SBの毎熊に抜け出されたところを大井の神スライディングでゴールを死守。

 77分にはゴール前30m弱の距離から上原が直接FKを狙うが、惜しくも枠外。86分には小川 航基・山本 康裕・藤川を投入し、小川 航基のシュートチャンスを作るもゴールを割れず。一方の長崎はアディショナルタイムにイバルボがサイドからロングスローやクロスを試みる。しかし、磐田としてはゴールから離れてくれれば脅威ではない。結局、そのままスコアは動かずスコアレスドローに終わった。

4.あとがき

合格か不合格か

 2位長崎との直接対決。勝てば勝ち点6差となって長崎の背中が見えてくる。磐田としては勝ちたい一戦だったがドローに終わった。この試合を”合格”と考えるか”不合格”と考えるかは人によって異なるだろう。もちろん、大一番で勝てなかったのだから”不合格”と言う人の意見は理解できる。

 個人的には、そもそも磐田ベンチがどういうプランでこの試合に臨んだのかを認識した上で評価したい。守備の安定性を重視した3バックを採用、前半飲水後に前プレを止めたこと、航基・康裕・藤川の投入を86分まで引っ張ったことを考慮すると、磐田ベンチは「最低限 引分け」というプランだったのではないだろうか。

 この試合が「最終節&昇格のために2点差勝利が絶対」だったら、筆者も合格とは言わない。しかし現実には、この試合は折り返し地点手前なのである。2位との差を一気に縮めるチャンスを逃したのは事実だが、残り半分のシーズンで巻き返すチャンスは十分ある。勝てなかったから満足はできない。でも、最低限の目標は達成したので最低限の合格点には到達したと考えている。

長崎攻略法

 これまで述べてきたとおり、手倉森体制2年目の長崎は戦術が浸透した非常に優れたチームであった。そこで「長崎攻略法」と言うと少し過大な表現になってしまうが、長崎にどう対抗すれば良いかについて述べたいと思う。

 まず、守備においてカバーが徹底されたチームでない限り4バックは避けた方が賢明だろう。長崎は3-1-4-2可変から相手を動かし、空いたスペースを上手く使って守備ブロックを崩そうとするチーム。4バックで中途半端な前プレを仕掛けるチームが一番危ない。プライドが許すなら、5-4-1を採用して横幅68mのスペースを埋めた状態で待ち構えるのが良い。

 ただし、イバルボが出てきた時は個の力があるだけに要注意。対人に強いセンターバック(磐田なら大井)を当てて対抗しよう。逆に、イバルボがいる=長崎の前プレが落ちる、でもある。そこでイバルボサイドからのビルドアップが狙い目になるだろう。この時、イバルボの守備力を補完する形でSHがめちゃくちゃ頑張るはず。

 たくさん走らせてスタミナをガンガン削ろう。そうすれば長崎は選手交代で補給せざるをえなくなり、守備を考慮した交代を誘って後手を踏ませる事ができる。これらの施策を徹底すれば、勝ち点1は見えてくる。半分冗談・半分本気で書いた長崎攻略法。4バックを採用していたら磐田とて無失点とはいかなかっただろう。1ヵ月後・・・10月14日のヤマハでの再戦をどう戦うか。今から楽しみで仕方ない。


試合情報
長崎 0 – 0 磐田(0-0 , 0-0)
主審:佐藤 隆治 副審:正木 篤志・津野 洋平 4th:亀川 哲弘
入場者数:4,157人(入場人数 制限有)
天候:晴れ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です