【足りないものは何?】J2 第18節 ジュビロ磐田×水戸ホーリーホック マッチレビュー

1.システム及びメンバー構成

ジュビロ磐田
 ホームの磐田は4-4-2を継続。CBは大武と山本 義道(ノリ)、ボランチは山田と山本 康裕、FWはルキアンとルリーニャというコンビ。サイドハーフは右に藤川、左に大森という配置である。伊藤はこの試合も左サイドバックでの起用となった。

【水戸ホーリーホック】
 普段は4-4-2を採用する事が多い水戸だが、蓋を開けて見ればまさかの3-5-2。磐田を意識したシステム変更と思われる。ピットブルと山田 康太はベンチスタート。磐田に所縁のある松井・牲川・中山という名前に懐かしさを感じた。

それでは、試合を振り返っていこう。いざいざ!

2.前半のポイント

攻勢を仕掛ける磐田

 試合開始早々、攻勢を仕掛けたのはホームの磐田。立ち上がり3分でクロスバーを2回も叩く猛攻を見せる。どちらも自分たちの狙いに基づいて作り出したチャンスであった。その中心にいたのが2試合ぶりのスタメンを飾ったルキアン。磐田はルキアンの個の力を存分に活かす。

 開始1分も経たないうちに、櫻内がDFライン裏にロングボールを蹴りこむ。いち早く反応したのがルキアン。相手DF(三國)がたまらずファウルし、ペナルティーエリア近くでFKを獲得。このセットプレーに伊藤がドンピシャで合わせたものの、クロスバーを叩いてゴールならず。

 続く2分。水戸の激しい前プレをルリーニャが足技で見事に剥がし、ハイラインを敷いていた水戸DFラインの裏にスルーパスを送る。反応したのはキーパーの松井とルキアン。スプリント勝負に勝ったルキアンがボールをかっさらってシュートを放つが またもやクロスバー。得点には至らなかったがFWの質の強みを活かす攻撃であった。(下図参照)

生命線はハイラインとコンパクト

 3-5-2を採用した水戸は DFライン中央にセンターバックを3枚置き、磐田のFW2枚に対して数的優位を確保。質の劣勢が予想される分、数で勝負する構え。そして、ボール非保持におけるキーワードは”ハイライン”と”コンパクト”であった。

 水戸のプランは磐田にボールを握らせないこと。握らせたくないから、前プレを仕掛ける。そのためDFラインを高く設定して、ブロック全体をコンパクトにする。前プレをかわされても守備ブロックがコンパクトであれば、圧縮されたMF-DFラインでボールを狩る事ができるからである。

 ただし、ハイラインには裏を取られやすいというリスクが付きまとう。磐田の攻撃陣に特別 足の速い選手はいないものの、一本のパスが致命傷になりかねない。そこで、緻密で正確なラインコントロールが必要となる。

 水戸のこの狙いに対し、(前述した)立ち上がり早々のルキアンの抜け出しがあり、15分には藤川が裏取りに成功。両方に絡んでいたのが左HVの三國であった。現役大学生の若手DFは27分にも藤川に裏取りを許してしまう。ライン操作が上手くいかず裏取りを何度も許す水戸DF陣。(下図参照)

 その直後に、秋葉監督がたまらず修正を試みる。左HVの三國と右WBの岸田のポジションを入れ替えたのだ。その数分後に、磐田が再び裏取りに成功するものの、その後は安定したライン操作を見せる水戸。これによって、磐田はロングボールでのチャンスメイクが出来なくなった。ライン操作の応急処置という秋葉監督の狙いが実ったと言って良いだろう。

ポジションチェンジの副産物

 左HVと右WBのポジションチェンジによって得られた成果は、DFラインの安定性だけではなかった。他にも2つの副産物が生まれる。1つはボール保持におけるHVの球出しが増えたこと。岸田は三國よりも可動範囲が広く、ボール保持時は幅を取って左WBや左IHにパスをつける。

 パスミスもあったので磐田としてはそこまで怖くは無かったが、三國がDFラインにいた時より明らかに回数が増えた印象だった。そして、もう1つが三國の身体能力を活かす場面が増えた事である。右サイドへの配置転換によって、三國vs伊藤 や 三國vsルキアンの勝負において三國の強さを活かして前進を阻止する事に一定程度成功した。(下図参照)

 水戸のDFラインが安定した事で磐田はロングボールでの優位性が取れなくなった。同様に地上戦においても思うように崩せない展開が続く。左から前進を狙う場合、ボールを持つ伊藤に対してWB(三國)がアプローチ。IHは中央でステイし、内側へのパスルートを遮断する。また、三國は内側を切りながらプレスをかけてボールを縦方向に誘導。

 磐田が右から前進を狙う場合、櫻内に対しては状況に応じてWBまたはIHがプレッシャーをかける。松本 昌也と小川 大貴の鉄板コンビであれば、昌也が中盤でファジーなポジションを取って縦パスを引き出すのだが、この日の右サイドは藤川と櫻内のコンビ。

 この試合、藤川には裏抜けが主なタスクとして設定されていたと思う。そのためDFラインに張り付き、思うようにボールを引き出せない・・・というか引き出さない。代わりにサイドハーフのロールを担ったがルリーニャ。ボール保持時の3バック化でインサイドハーフとなる事が多かったルリーニャだったが、良いポジションを取れずに思うようにボールを引き出す事ができなかった。

 26分にはロングボール起点でルリーニャのシュートがポストを叩くシーンがあったものの、その後 決定機を作るには至らず。水戸の守備ブロックはディフェンシブサードまで押し込まれると5-3-2となるため、フィールドの横幅68mを3人で守る。当然、3人の横には大きなスペースが出来るため、磐田がボールを回しに回すが有効打を打てず。スコアレスで前半を折り返した。

3.後半のポイント

プランどおりの交代策

 ハーフタイムの選手交代は無し。両チームともに前半と同じ配置で後半のキックオフを迎えた。水戸がボールを持った際、磐田は前プレをしかけてボールを取り上げる狙いを見せる。前半同様の磐田の振る舞いであり、水戸は磐田の前プレを逆手に利用。

 磐田はCH2枚とも前プレ部隊として前線に送り込むため、CHとDFラインとの間に大きなスペースが生まれる。水戸はこの空洞化されたエリアに人とボールを送り込んだ。具体的には、前プレを誘発させておいてDFからロングボールを蹴り、中山が磐田のCBに競り勝って起点を作る狙い。水戸としては中山 vs 磐田CBに活路を見出したかったが、大きなチャンスをには至らなかった印象だ。

 そして61分に水戸が選手交代。インサイドハーフを一気に2枚替える。この時間帯までインサイドハーフが特別エラーを起こした訳ではなく、スタミナが切れた様にも見えなかったので、元々60分前後で交代させるプランだったのかもしれない。いずれにしても、この交代で中盤2枚のスタミナゲージが回復。ボール非保持の前プレスや左右のスライドで引き続き穴を作らない。(下図参照)

 磐田は飲水を挟んで、櫻内に代えて小川 大貴を投入。サイド攻撃を強化したい意図だったと思う。松本 昌也がいれば、サイドを駆け上がってのクロスだけでなく 2人の連携でWBの裏やHV-WB間(チャンネル)攻略が期待できた。しかし、小川 大貴を投入した時のサイドハーフはルリーニャ。残念ながら、そういった連携は見らなかったように感じた。

 水戸は残り15分になったところで山田 康太とピットブルを投入。こちらもプランどおりの交代策だったと思う。この交代をきっかけに、水戸はピットブルの個の力を上手く使い始めて攻撃を活性化させる事に成功。試合終了のホイッスルが鳴るまで、決定機を複数回作った。FWとしての質は中山を上回っており、磐田はゴールを奪われてもおかしくない状況を作られてしまった。(下図参照)

不安定な4-3-3

 79分、磐田は小川 航基と上原 力也を投入。システムを4-3-3に変更する。FWの枚数を増やして得点を狙う意図。(恐らく)フベロ監督就任以降、初めて採用するシステムであり、得点の期待が高まった。交代直後は、FWが左から中野・小川(航)・ルキアン、MFが同じく大森・上原・山田という並び。中盤3枚は水戸の様な逆三角形ではなく横並びに見えた。

 そして、意図してそうなったのかは分からなかったが、時間が経つにつれて人の入替えが発生する。大森がガス欠になってしまったためか、攻撃で高い位置まで攻めあがった後に中盤に戻らなくなる。そこで人数調整のために中野が中盤まで下がって守備をするという、どこかチグハグな並びに。

 更には、中盤3枚がいびつな配置になった事に加えて、山田の積極的過ぎるプレスが重なってバイタルに穴を作ってしまい、そこからピンチを招くシーンもあった。(下図参照)

 サイド攻撃に活路を見出したい磐田はクロスを何本も供給して小川(航)がヘディングシュートに結び付けるもゴールは割れず。結局、試合はスコアレスドローに終わった。

4.あとがき

 後半の水戸はハイラインを維持できず、押し込まれる展開が続いた。しかし、5-3-2で中央・サイドともにスペースを埋めて粘り強く対応。”3”の脇を突かれた際には素早いスライドを繰り返していた。75分まで0-0で引っ張り、ピットブル投入で勝ち点3を狙う・・・という狙いだったと思われる。前半のライン修正を含めて、試合全体を見れば 秋葉監督の策略にはめられた格好だ。

 磐田は3センターを左右にゆさぶってサイドから崩そうという意識を強く見せたが、ブロックの中央から崩す形をもっと狙った方が良かったと思う。逆三角形の水戸の中盤はインサイドハーフが持ち場を離れてボールホルダーにアタックする事が多く、逆に言えば水戸のインサイドハーフを動かす事はできていた。しかしながら、人を動かして作ったスペースを使う共通意識がチームとして低かったような印象を強く感じた。

 そして、もう一つ気になったのが”動き過ぎる山田 大記”の存在である。今季の磐田はプレスをかけてポジトラからカウンターを狙うのがメインウェポンの一つなので、「プレスをかけるな」とは全く思わない。思わないが、間違いなく精度は要改善である。個人的には、この試合における山田大記のプレスの収支はマイナスだったように感じた。

 とはいえ、次はいよいよ天王山。アウェイに乗り込んでの2位長崎との一戦である。本来なら水戸に勝って2連勝で勢いをつけたかったが、少なくとも6試合負けなしが続いている。シックスポインターの大一番。勝てば勝ち点が6差となり、長崎の背中が見えてくる。是が非でも勝利を!!


試合情報
磐田0 – 0 水戸(0-0 , 0-0)
主審:岡 宏道 副審:間島 宗一・日比野 真 4th:野田 祐樹
入場者数:1,558人(入場人数 制限有)
天候:曇りのち雨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です