【適正ポジションはどこ?】J2 第17節 アルビレックス新潟×ジュビロ磐田 マッチレビュー

1.システム及びメンバー構成

【アルビレックス新潟】
 ホームの新潟はいつもどおりの4-4-2。前節長崎戦から8人を入れ替えた。鄭 大世が移籍後初スタメンとなり、渡邉 新太・本間 至恩・新井 直人といった主力メンバーはベンチスタート。ロメロ フランクとゴンサロ ゴンザレスという何故か無性にフルネームで呼びたくなる2人が先発を勝ち取った。

【ジュビロ磐田】
 町田戦・群馬戦を3-4-3で戦った磐田だったが、この試合はまさかの4-4-2を採用。CBは大井と山本 義道(ノリ)がコンビを組み、伊藤は左SBで起用。山田 大記がサスペンションで有給休暇のため、ムサエフが今季初出場となった。そして、2トップは小川(航)と中野という初の組合せ。

それでは、試合を振り返っていこう。いざいざ!

2.前半のポイント

無茶しない前プレス

 前半立ち上がりから磐田はいつもどおり前プレスをかける。前節ヴェルディ戦ではボール握り対決で完膚なきまでに敗れたが、新潟相手に負ける訳にはいかない。小川(航)と中野を中心にキーパーまでプレスをかけて、精度の低いロングボールを蹴らせてマイボールにするか、高い位置で奪ってポジトラからショートカウンターを仕掛けるいつもの狙い。

 ヴェルディ戦で前プレスを剥がされて盤面をひっくり返されるシーンを再三作られたからだろうか、新潟戦ではいつもと少し違うプレスのかけ方を見せる。開始直後1分00秒からの流れ。小川(航)がキーパーに、中野が右CBにプレスをかけ、その少し後ろで新潟の2CHに対して磐田の2CHがアプローチする構え。

 明らかにポジトラからのショートカウンターを狙う構え。そして、ここからの振る舞いがいつもと違ったように感じた。右CBが中野のプレスを剥がして左SBにロブパスを送り 磐田の前プレが剥がされそうになった瞬間、磐田の2CHが新潟の2CHを放棄して撤退を選択した。(下図参照)

 これまでの試合であれば、少なくともCH1枚が前に喰いついて疑似カウンターを食らうような場面があったが、2人の撤退からは無茶な前プレよりも状況に応じて後方の安定性を重視する印象を受けた。この時間以降も、前プレを基本路線としつつもバランスを取るCHの2人。試合を通じて、前プレを剥がされてピンチを招くシーンは殆ど無かったと思う。

 無茶しない前プレスがフベロ監督の指示なのかは微妙なところだ。この試合のボランチはスタートが上原とムサエフで、途中から山本(康)と上原の2人。群馬戦のレビューで書いた”動き過ぎる山田 大記”が不在であったため、自然とこの様なプレスの判断になった可能性はある。という訳で、これについては次の水戸戦でも注意して見てみようと思う。

ハーフスペース対決

 新潟と磐田はともに非保持は4-4-2をベースに守り(新潟は4-2-3-1の場合もあり)、ボール保持はボランチをDFラインに落とした3-1-4-2で構える。そして、お互いにビルドアップの際にはハーフスペースを使った前進を狙う。その中心的な役割を担うのがサイドハーフ。タッチライン沿いに張らず、内に絞ってハーフスペース上で左右のCB(HV)からの縦パスを受ける。

 11分5秒~の展開で、磐田は右サイドからハーフスペース経由のビルドアップを狙う。右HVの大井からの縦パス。ファジーなポジションを取っていた松本だったが新潟の左SBに阻害されて綺麗にコントロールする事ができなかった。直前にも同様の対応があり、新潟の左SBをどうにかしたい磐田。(下図参照)

 すぐさま対応策を見せる。14分28秒~、上原からの縦パス。裏狙いのライン操作からのダウンという松本の動きに加えて、小川(大)のポジショニングも見逃せない。高い位置を取って左SBの視野に入る事でピン止めに成功した。トラップ出来ずにボールが流れたのでチャンスには至らなかったが、相手の出方に応じた細かい修正(対応)を見る事ができた一連の流れだった。(下図参照)

 逆に、新潟のビルドアップに対して上手さを発揮していたのが、この日 左SBで起用された伊藤 洋輝。新潟のサイドハーフも磐田同様に内側に絞る傾向にあるため、伊藤の主戦場も内側となる。印象に残ったのが立ち上がり直後の1分55秒~。ハーフスペース上に位置するロメロ フランクに対応するためインサイドに絞る伊藤。ロメロ フランクへの縦パスのセカンドボールを中野に付けてポジトラを成功させた。

戦術的な駆け引き

 先制された新潟は前半の飲水を挟んで、ハーフスペース対応の修正を行う。33分15秒~、松本を見せ金に今度は中野がダウンしてハーフスペースでボールを受ける。大井の縦パスは中野の足元に入るかと思われたが、右CHのゴンサロ ゴンザレスが阻害。新潟は2CHをボールサイドに圧縮させる修正で、磐田のビルドアップを封じた。

 人海戦術で対応する新潟に対し、磐田はビルドアップ時の配置を変更。上原がDFラインに落ちずにボランチラインでパスコースを作る。40分23秒~の場面。元々、磐田が3バック化した際の新潟のプレスの仕組みはこうであった。鄭 大世が中央のCBに、もう1人のFW(ロメロ フランク or シルビーニョ)がアンカーに、両SHがHVを担当する。しかし、磐田が3バック化をやめたため両SHの守備の基準点が乱れる。

 前のプレスがハマらないのを見て、後方の2CHのポジションも曖昧に。そして、ボールを持ったノリがドライブでファーストラインを越えた位置から縦パスを突き刺す。ボールは2CHの間をすり抜けてファジーなポジションを取っていた小川(航)に入りゴール方向にターン。中野へのパスが足元に入り過ぎてしまったためシュートには至らなかったが、配置変更によって相手の守備ブロックを揺さぶった上での素晴らしいビルドアップであった。(下図参照)

3.後半のポイント

ファーストセットで殴り掛かる新潟

 後半開始からお互いにメンバーを変更。磐田は前半に脳震盪気味の負傷があったノリに代えて大武。ポジションはそのままで4-4-2を維持。新潟は、右SBとボランチをそれぞれ変更した。52分40秒~、磐田は左サイドからビルドアップでアタッキングサードに進入し、中野がミドルシュートを放つ。後半も攻勢をしかけて試合の流れを明け渡さない磐田。

 そして、新潟は56分に本間 至恩とファビオを投入。2トップに鄭 大世とファビオ。左SHに本間 至恩、右SHにロメロ フランク。福田と島田のダブルボランチ。これで、ほぼファーストセットという陣容になった。質の高い選手を投入して強引に流れを呼び込む狙い。

 対する磐田は62分に3人を一気に変更。山本(康)・藤川・ルキアンを投入。結果論ではあるが、藤川の投入が大きかったと思う。久しぶりのスタメンだった松本の運動量が落ちていたので藤川でプレー強度を回復。そして、62分にオウンゴール誘発のクロス。最後こそオウンゴールという結果だったが、キーパーとDFの間にグラウンダーで速いボールという、守備側が処理しづらい(実際に処理を誤った)質の高いクロスであった。

 そして、何と言っても3点目。マイボールのスローインという何もない状況からゴールを生み出したのが中野 誠也。完全に相手CBのボールになっても諦めずにプレッシャーをかけて奪い返し、キーパーともつれて体勢が死んだ状態になっても右足を振って角度のないところからネットを揺らしたシュート。技術と魂を兼ね備えた磐田レジェンドを彷彿とさせる得点だった。

生まれないズレ

 ファーストセット投入後に2点を許し、1-3となってしまった新潟。だが、心はまだ折れない。前節長崎相手に0-2から2点差を追いついたからだ。磐田戦でもその再現を狙う。71分に最後の1枚、ボランチを削って渡邉 新太を投入。ビハインド時に磐田もよくやるファイヤーフォーメーションである。

 DAZNの解説の方は4-4-2のダイヤモンドと言っていたが、筆者には4-3-3に見えた。前3人が渡邉 新太・鄭 大世・ファビオ。IHに本間 至恩とロメロ フランク。アンカーに福田、という配置で中盤は逆三角形。4-4-2の磐田に対して中盤でズレを起こしたかったのだと思うが、磐田のダブルボランチも掴むべき相手を見落とさずにIHの2人をしっかりマーク。結果として、アンカーの福田だけがフリーになるという新潟が望まない展開になった。(下図参照)

 この後、新潟は新井のロングスローから鄭 大世が決定機を作り、磐田はポジトラから藤川が決定機を迎えるがお互いに決められず。終盤は磐田が自陣に押し込まれる展開が続くも、1-3のまま試合終了を迎えた。終盤、個人的に嬉しかったのはルキアンとルリーニャが4-4ブロックの一員をしっかり担っていたこと。流れの中でサイドハーフとなっていた時間帯に、MFラインに戻ってスペースを埋めていた。ヴェルディ戦でタコ殴りにされて、5-4ブロック自陣 張り付けの刑を喰らったのが無駄ではなかったなと感じた場面であった。

4.あとがき

 という訳で昇格争い直接対決は1-3で磐田の勝利。3ポイントを掴み取って昇格戦線に踏みとどまった。自信を取り戻す勝ちと言えるだろう。もちろん課題はある。ヴェルディ戦に続いてセットプレーによる失点。72分にはスローインから決定機を許した。簡単に失点してしまっては勝てる試合も勝てなくなってしまうので、何とか改善を期待したいところだ。

 それから、もう1つ 伊藤 洋輝の左サイドバック起用についてであるが、賛否両論あると思う。新潟戦ではいろんなメリットを出せた。前半にはボールホルダーに簡単に飛び込んで背中を取られる場面もあったが、試合中に修正。守備面では身長の利を活かした対人の強さを見せた。攻撃面では左サイドから相手のサイドバックのスペースを狙った縦パス、偽SBよろしくハーフスペースをついて高い位置に進入、高速サイドチェンジ などなど。

 少なくとも、伊藤 洋輝を左サイドバックで使う事のデメリットはフィールド上には見当たらなかった。が、今後も継続してほしいかは個人的に微妙なところ。1つは伊藤 洋輝自身がどう考えているか。前向きに取り組んでいるのであれば良いと思う。そして2つ目が便利屋的な扱いをして良いのかという漠然とした不安。サイドバック起用が一過性のもので、将来「サイドバックで使われた事が良い経験となってます」となれば良いのだが…

 とは言え昇格争いに後れを取ってる以上、チームの結果を最優先せざるを得ない状況にあるのは確か。次はホーム ヤマハスタジアムに水戸を迎えての一戦。新潟戦の勝利を無駄にしないためにも、先制点を取って試合を有利に進めて勝利を掴んでほしい。その後、週末に控えているのがアウェイ長崎戦だ。勢いを持って殴りこむためにも水戸戦は勝利が必須と言えるだろう。


試合情報
新潟 1 – 3 磐田(1-1 , 0-2)
主審:中村 太 副審:関谷 宣貴・金次 雄之介 4th:坂本 晋悟
入場者数:4,975人(入場人数 制限有)
天候:晴れ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です