【閉じられたハーフスペース】J2 第3節 ジュビロ磐田×ファジアーノ岡山 マッチレビュー

前節、京都サンガを相手に手痛い黒星を喫したジュビロ磐田。J1昇格に向けて連敗だけは避けたい状況で、ファジアーノ岡山をホームに迎えた。岡山は有馬監督を中心に手堅いチーム作りをしており、今オフにはビッグネームの加入こそ無かったものの堅実な補強で戦力アップを図った。昨年からの積み上げによる充実したスカッドはJ1昇格を争うライバルと言ってよいだろう。

試合結果は1−1のドロー。後半、相手が1人少なくなってから一方的に攻める展開ながらも勝ち越しゴールは奪えず、磐田としては2ポイント失う結果となった。岡山を17本も上回るシュートを放ちながら勝てなかった原因はどこにあったか。この記事では、前半の攻防と後半の磐田の攻撃にフォーカスをあてて試合を振り返る。


1.システム及びメンバー構成

【ジュビロ磐田】
システムは毎度お馴染みの4−4−2だが、メンバーに変更があった。前節から、宮崎と大武が外れて山田と石田をスタメンに抜擢。この変更に伴い、DFラインは左から石田・伊藤・藤田・小川(大)という組合せに。大武のメンバー外は単に京都戦のパフォーマンスによるものだけでなく、伊藤の特徴を活かしてDFラインから精度の高いロングフィードを狙う意図があったものと考えられる。

【ファジアーノ岡山】
徳元が体調不良でメンバー外となり右SBには椋原が起用された。これ以外は予想どおりのスタメンと言ってよいだろう。京都の様なシステム変更は無く、攻守ともに4−4−2をベースとする。FWのイ ヨンジェは昨季18ゴールで得点ランク6位の実績を誇る。

それでは、試合を振り返っていこう。いざいざ!

2.試合のポイント

① 岡山のハーフスペース封じと磐田の対抗策

京都戦のレビューで、京都の守備について「IH/FWが前に出てハーフスペースへの球出しを制限」と述べたが、形こそ違えど岡山もハーフスペースを塞ぐという同じ意図を持って守備ブロックを形成した。京都の選手ほど前には出ずに、立ち位置によってハーフスペースで待ち構える磐田SHへのルートを遮断する形だ。

ハーフスペースを塞がれた事により、磐田は試合開始から30分ほどCBからSBに展開する形を辛抱強く繰り返す。その結果、ハーフスペースを有効活用できない時間が続いてじれったさを感じたが、前半35分頃からハーフスペースのルートが開き始める。SBを経由した効果的な攻めを複数回見せた事で、相手SHの守備意識が磐田のSBに向くようになったためだ。これによってCB→SHのパスラインが開通し、CBから複数経路の攻撃を行う事に成功したものの、前半のうちに得点する事はできなかった。

※下図は左右にスライド可能です

 

CB→SHの開通が地上戦だとすると、磐田は空中戦でも突破を試みる。CBからの高精度ロングフィードで岡山のFW-MFラインを一気に越して、最前線にボールを届ける狙いである。舵取り役となったのが、この試合 CBで起用された伊藤 洋輝。前半から何度もJ2レベルではないスピードと精度で小川(航)とルキアンを狙った。しかしながら、岡山DF陣のコンパクトな守備によりビッグチャンスには繋がらない。

地上戦にも空中戦にも言えることだが、相手のコンパクトな守備ブロックを揺さぶるためには前後に動かす工夫が必要となる。特に後方への圧力は重要だ。当然、相手の守備ブロックは後方へ下がる事を嫌い、可能な限り前方向に圧をかける。空中戦で言えば、いくら高精度パスを通したとしても単純にFWを狙ったボールでは、小川(航)とルキアンと言えど相手CBに勝ってボールを収めるのは簡単ではない。また、相手の守備ブロックがコンパクトであるが故に、セカンドボールを拾う事も難しい状況。

そこで、裏に抜ける動きである。CBやSBの裏のスペースに人とボールを送り込んで起点を作る事で相手DFラインの意識が後ろ向きになり、前に圧力を掛けづらくなる。そうなると、前からプレッシャーをかけたいFW-MF陣との間に意識の差が生まれ、MF-DFライン間のスペースが広がる。ボールを受けるFWのプレーエリアが広がるとともに、セカンドボールも拾いやすくなる。

また、相手DFラインの矢印が前に向いたままなら、ボールを受けようとするFWがCBを釣りだし、生まれたギャップに別のFWが走り込む手段もある。地上戦も空中戦も良い形を作れてはいたが、今後、更にチャンスシーンを増やしていくためにも、裏抜けを使ったコンビネーションの構築に期待したい。

② 失点の仕組み

磐田の失点シーンは、クロスの精度やペナルティーエリアに飛び込む選手の動きの質が良かったからと言えるが、個人的にはサイドの選手がフリーで抜け出した事が決定的な要因になったと考える。そこで、なぜ右SBの椋原がフリーだったのかを述べていく。

「1.システム及びメンバー構成」で紹介したとおり、磐田は4-4-2で守り、岡山は4-4-2で攻める。そして、磐田はボール非保持の際、組織的なハイプレスで相手のDFやMFにプレッシャーをかけてボールを奪い、直線的に縦に攻める志向を持っている。「岡山は4-4-2」と「磐田のハイプレス」をキーワードとして、以下のスライドを見ていただきたい。

※下図は左右にスライド可能です

 

一言で言うと、磐田はしてやられたのである。右SBが偶然高い位置にいたのではなく、右SBをWG化させた仕込みを行ったうえで磐田のハイプレスを誘発させて擬似カウンターを放ったのではないだろうか(擬似カウンターについてはこちらを参照)。なお、磐田としては石田が剥がされたとしてもボランチ(上原)がカバーする設計になっているが、大外のWGの存在によってカバーリングが無力化されてしまった。今後は、前プレスの精度を含めて、プレスが剥がされた場合の練度を上げていく必要があるだろう。

③ 圧倒すれど得点できなかった理由

ビハインドで折り返し、後半立ち上がりから攻勢に出る磐田。ボールを相手から奪回するポジティブトランジションから手数をかけずに縦を狙う展開や、ロジカルな攻撃で決定機を作るもネットを揺らすには至らない。そんな重苦しい展開を1人の男が見事に変える。怪我から復帰した大森 晃太郎だ。小川(航)へのダイレクトパスで相手のファウルを誘い、11人対10人という構図を作った。

その後、磐田が岡山を圧倒した理由は数的優位に基づいて人的リソースを有効活用できた事による。通常、ボール保持時の磐田はボランチをDFラインに落とした3-1-4-2でセットする。しかし、この試合の退場者が出た後は、ボランチをDFラインに落とさず2-2-4-2で構えるようになった。

ボランチ2枚を横並びにする事で、1人を中央に残した状態でもう1人が両サイドをサポートできるようになる。これで、磐田は11人対10人という状況を上手く活かし、各所で数的優位を作ることに成功。ボールを完全に握り、岡山を圧倒したのである。

それでは、なぜ追加点を奪えなかったか。簡単に言ってしまえば、シュート精度の問題である。この試合、幾度となく岡山のGKポープのファインセーブにあったが、1つ1つのシュートシーンを冷静に振り返れば多くがキーパーの正面を突くシュートとなってしまった。ルリーニャのヘディングがライン上でディフェンダーにクリアされる場面があったが、それ以外はポープの正面、もしくは枠外という精度であった。

ゴール前までの道筋を立てるのは監督の役目だが、最後にボールをゴールに沈めるのは個人の技術に大きく依存する。お世辞にもシュートが上手いといえないルキアンを筆頭に、小川(航)はもちろん松本・山田・上原・山本といったMF陣も含めて日々の練習を通してシュート精度を向上させてほしい。

3.今後の展望

第2節で対戦した京都サンガは、ハーフスペース封じという名のとんでもなくやっかいなお土産をJ2他クラブにプレゼントしてしまったようである。京都と同じ5-3-2を採用せずとも、立ち位置でハーフスペースを封鎖するチームは今後も出てくるだろう。

磐田としてはどう対応していくか。今のところ 磐田の手札は、SB経由の展開・CBからのロングフィード・ハイプレスで奪ってからのショートカウンターの3つが中心。試合中にこれを繰り返しながら、ハーフスペースルートの開拓を狙うというのが現実的な流れだろうか。フベロ監督は基本的に中央から縦に攻めないので、立ち位置でハーフスペースを塞ぐ相手にはSBからの展開を地道に繰り返し、守備の矢印の向きを変えさせるプランが主になると考える。

京都戦のレビューで「伊藤のリーグ戦初先発はチームの大きな経験値となる」と書いた。岡山戦では、早速後方からのロングパスを何本も通していた。初先発となった石田はこれといった見せ場を作れなかったが、次に出場機会を得た時にはきっと良さを見せてくれるだろう。また、左SBのポジションに競争が生まれる事で宮崎のパフォーマンスが上がっていく事にも期待したい。

3試合を終えて1勝1分1敗の11位は、不本意な順位である。しかし、焦ったところで状況は何も好転しない。今後、レノファ山口・徳島ヴォルティス・アビスパ福岡という厄介な相手が続くが、辛抱強く戦って3ポイントを掴んでいってほしい。内容は決して悪くないので、必要以上に疑心暗鬼にならずに、前を向いて進んでほしい。


試合情報
磐田 1 – 1 岡山(0-1 , 1-0)
主審:岡部 拓人 副審:唐紙 学志・中澤 涼 4th:日比野 真
入場者数:無観客(リモートマッチ)
天候:曇り時々雨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です